クロークされたデータ

パスワードを管理するためのツール

  • クロークされたデータは、iPhone、iPad、Apple Watch、Macで動作する安全で最新のパスワードマネージャーです。
  • クロークされたデータは、最新の強力な暗号化アルゴリズム(AES-256)を使用して、すべてのパスワードデータを安全に保護および管理します。
  • クロークされたデータは、サーバーではなく、デバイス上のすべてのパスワードデータと情報を保持します。
  • クロークされたデータを使用すると、多くのパスワードやユーザー情報を覚えようとするのではなく、メインのアプリのログインパスワードを覚えるだけで済みます。 アプリのログインにTouchIDまたはFaceIDを使用することもできます。

デバイス

iPad

iPhone

Mac

Apple Watch

機能機能

基本機能(購入は不要)

  • 購入しなくても、すべてのiPhone、iPad、およびMacにクロークされたデータをダウンロードして使用できます。 ただし、デバイス間でコンテンツを同期し、バックアップと復元、インポートとエクスポートを行い、Apple Watchで使用するには、購入が必要です。
  • データは、グループとカテゴリの2つのフォルダレベル内のアイテムとして編成されます。
  • アイテムには、ユーザー名、パスワード、アカウント番号などの詳細情報がレコードとメモに含まれています。
  • 各カテゴリには、任意の数のアイテムを追加できます。 各アイテムには、任意の数のレコードを追加できます。
  • パブリックエリアでクロークされたデータを使用してセキュリティを提供するために、アプリ全体または個別に、レコードとメモをマスクできます。
  • 選択したアイテムについて、そのメモとレコードをコピーしたり、ビューからマスクしたりできます。
  • 編集モードでは、レコードを並べ替えたり変更したりできます。
  • レコードを左にスワイプすると、新しいレコードを挿入したり、現在のレコードを削除したりするためのオプションが表示されます。
  • ビューの上部にある+記号を使用して、新しいグループ、カテゴリ、またはアイテムを追加します。
  • グループ、カテゴリ、またはアイテムを長押し(Macで右クリック)すると、名前の変更、移動、アイテムの複製、削除などのオプションが表示されます。
  • グループやカテゴリを検索または展開すると、特定のエントリを見つけることができます。

購入すると、クロークされたデータは次のことができます。

  • iCloudを介してAppleデバイス間ですべてのパスワードデータを安全に同期します。
  • データベースの暗号化されたバックアップファイルをデバイスまたはiCloudDriveに保存し、任意のデバイスのそれらのファイルからデータベースを復元します。
  • 他のパスワードマネージャー(1Password、BitWarden、LastPass、Keeper、またはDataVault)からCSV形式のデータファイルをインポートします。
  • データベースの内容を暗号化されていないCSVファイルにエクスポートします。
  • プライマリパスワードを忘れた場合や緊急時に、信頼できる人がクロークされたデータにアクセスするための2番目のパスワードを作成します。
  • AppleWatchのクロークされたデータを使用してデータベースコンテンツを表示します。
  • クロークされたデータは、Apple Watchでは読み取り専用であり、他のデバイスからデータベースコンテンツを取得します。
  • Apple Watchのクロークされたデータは、ログイン用のPINコードを要求します。 そのPINコードは、iPhone、iPad、またはMacのクロークされたデータで作成および管理されます。 ピンコードを変更したり、その長さを変更したり、クロークされたデータがAppleWatchでロックアウトされるまでのログイン試行の最大失敗回数を設定したりできます。 iPhone、iPad、またはMacのクロークされたデータからAppleWatchのクロークされたデータアプリのロックアウトをクリアできます。